しばし時間が経ってしまいましたが、先日、こんな意見を新聞で目にしました↓

スクリーンショット (19)


(私の視点)PTA拒む保護者へ 改革しよう、手を貸して 大塚嘉一(朝日新聞2017年3月18日朝刊)

僕の目に止まったのは、まず【PTA】に関することだったからです。
以前からこのブログを読んでいる人は知っていることですが、僕自身はPTAの非会員で(その経緯については全てではありませんが、「PTA強制加入問題」というカテゴリーでまとめてあります。)、最近はPTA改革の話がわりと目にする機会があるので、時勢を知るためにも目を通しています。

と、このオピニオン欄に載っていたPTAに関する意見を読もうとしたら、その肩書きに驚きました。
それは、我が家の子どもたちが通っている公立小学校のお隣の小学校のPTA会長だったからです。

では、どんなことが書かれているのかな、と思ったら、やはりというべきか「PTA文学」ともいうべき内容でした。
以下僕なりの要約です。

・PTAに入会したくないという人がいる。なぜ?
・私はPTA会長をし、色々【犠牲】にしてきたが、子どもたちの笑顔が代えがたい【報酬】である。
・PTAは地域のいろんな組織の中核にあり、歴史的にも【正統】である。
・PTAを全否定したり、活動を非難したりするのは的外れで、戦うべきは【同調圧力】である。
・PTAに否定的な人にこそ、開かれた組織にするための改革に手を貸して欲しい。
・そのためにできる範囲で、しかし積極的に参加することができるよう、条件を整えたい。
・子どもを健全に育て上げる責任が我々にはあり、PTAは、その重要な一歩なので、煩わしさや困難を克服してでもやる価値がある。



これをものすごく簡単に言ってしまうと、

問題は多少あるけれどPTAに代わる活動はない。批判するのではなく、とりあえずPTAで活動してみよう。

ということです。
この「PTA文学」とも言える内容のこの手の文章は使う言葉、使う表現、具体的内容に違いはあれど、様々なところで目にします。

で、僕がこれらの文章にいつも感じる疑問は、「入会しない」という選択をした(しようとしている)人の「意見」を本当に聞こうとしているのか?ということです。

このPTA会長は、「戦うべきは、日本人の長年の病理ともいうべき同調圧力だ。」とまで言っているにもかかわらず、結局PTAに批判的な人に対してもPTAに加わって活動すべきだ、という同調圧力をかけています。
少し考えれば自分の意見に矛盾が生じていることは分かると思いますし、そもそも、PTA非会員やPTAに否定的な意見を持っている人の意見を聞いていれば、何が問題なのか分かるはずです。

もし、「PTAに入会する事が強制されたり、入会することが当然とされているという同調圧力が問題だと考えている」という意見を聞いていれば、「PTAはすばらしい組織だから、みんな参加しよう」という意見を簡単には言えないはずです。

なぜなら、「子どもを社会全体で協力し、健全に育て上げる」のはPTAだけの活動で出来る訳ではないし、具体的に触れられている「英語教育のお手伝い、校庭遊びの見守りなどのボランティア活動」もPTAじゃなくても出来るからです。
それらは、PTAという組織がなければ必ずやることが出来ないという活動ではなく、今まで「学校」に密着している組織なので、それもやろうということに過ぎません。

PTA外で、一保護者として学校でのボランティアとしてやることは可能なのです。
会長や役員の人たちはそもそもPTAという組織を前提としていて、それ以外で活動する、ということを考えることさえほとんど出来ていないように思います。
まずは、「PTAという組織がそもそも必要なのか?」ということから考えることが必要なのではないか、と僕は思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.04.01 Sat l PTA強制加入問題 l top