春の兆しが感じられるようになってきた3月、丹沢山系の大野山へ行って来ました。
大野山の最寄り駅は谷峨あるいは山北ということで、我が家からは150分くらいの道のりでしたが、低山ということで山登り自体はそこまで時間がかからないだろうということで向かいました。

ハイキングコースのマップは神奈川県が発行しているものがありました。
大野山ハイキングコース(PDF) - 神奈川県

表面↓
大野山001


裏面↓
大野山002


これだけで十分かな、とも思いましたが、一応いつもの国土地理院のサイトで地図を作って持っていきました↓
大野山01


地元駅から新宿駅に向かい、そこから小田急線で新松田駅へ。
そこで道路を挟んだ松田駅に行き、JR御殿場線で谷峨駅へ。
*JRは何故かICカードが使えず現金のみだったので、要注意です。

ということで谷峨駅に到着↓
ここから大野山へ向かいます。

DSC08658.jpg


まずは橋を渡るのですが、僕は高所恐怖症なので、若干冷や汗が…↓
親切に至る所に「←大野山」というような標識があるので道に迷うことはありません。

DSC08659.jpg


ちょっと登ったところで後ろを向くと富士山が↓
富士山が綺麗に見えるって本当に良いです。

DSC08661.jpg


結構急な道ですが、まだまだ舗装道が続きます↓

DSC08665.jpg


この木は「頼朝桜」とのこと↓
でも、つぼみはまだまだ小さく固そうでした。

頼朝さくら | 山北町

DSC08668.jpg


今日登る大野山が目の前に↓
ここから見るとまだまだ遠いです。

DSC08669.jpg


登山道↓

DSC08671.jpg


休憩ポイントなどには、地元の人が作ったチェーンソーアートがポイントポイントに置いてありました↓

DSC08672.jpg


ある程度登っていくと、柵が↓
こういう柵があったのは初めての経験ですが、そういえばこの大野山は牧草地になっているので、動物の侵入などを防いでいるのでしょう。

DSC08673.jpg


この牧草の中を登っていきます↓

DSC08675.jpg


日差しもあって、なかなか急な登りでした↓

DSC08676.jpg


と、ここでまた後ろを振り返ると富士山が↓
こんなに大きく、そして澄んで見えるってラッキー、と思いつつ、登っていきます。

DSC08677.jpg


御殿場方面↓

DSC08680.jpg


途中には、東京スカイツリー(634m)のてっぺんと同じ高さという標識&チェーンソーアートが↓

DSC08681.jpg


坂はかなり緩くなり、牧草地を抜け↓、林を抜けると

DSC08684.jpg


大野山山頂(723m)に到着↓
ここからもちょうど富士山が見えて良い景色です。

DSC08694.jpg


丹沢湖と丹沢山系↓

DSC08691.jpg


山頂は開けていて(なので風が少し強かったです)、ドローンを飛ばしている人たちもいました↓
桜も何本か植わっていたので、お花の季節はまた違う景色なのかな、と思います。

DSC08697.jpg


山頂で昼食を取った後、下山開始です。
大野山は自転車で登ってくることも出来、舗装道もあるのですが、山道を使って下りました↓

DSC08701.jpg


登りの時にはありませんでしたが、下りには少し危険な箇所も↓

DSC08708.jpg


こういう山道が個人的には好きです↓

DSC08710.jpg


炭焼き小屋↓

DSC08713.jpg


ソメイヨシノなどの桜には早い時期だったのですが、(種類は分かりませんが)桜も咲いていました↓

DSC08719.jpg


梅はたくさん咲いていました↓

DSC08720.jpg


こういう光景も好きです↓

DSC08722.jpg


もう殆ど終着の山北駅に近づいていたのですが、この線路脇の光景が良かったです↓
桜が咲き誇る季節の光景が目に浮かぶようでした。

DSC08735.jpg


駅前の商店街にもチェーンソーアートが↓

DSC08738.jpg


終着の山北駅に到着↓

DSC08740.jpg


駅前の光景もなかなか趣があってすてきでした↓

DSC08741.jpg


この建物は観光案内所↓

DSC08742.jpg


帰りの電車まで少し時間があったので、線路挟んで反対側にある町の健康福祉施設で温泉に入りました↓

山北町健康福祉センター ~SAKURAふれあいの郷~

DSC08743.jpg


なんだか、お湯がものすごく(僕にとっては)ぬるかったのですが、400円だったのでまぁ良しとしました。

今回の計測です↓
谷峨駅から大野山へ向かい、そこから下山し、少し長い道路沿いを歩いて隣駅の山北駅に向かう、というルートです。

IMG_7553.png


標高差↓
登りもそこまで急なところもなく、ゆるやかに登り、ゆるやかに下るという感じでした。

IMG_7552.png


大野山周辺は桜がたくさん植わっていたので、桜の季節だと全く違う印象になりそうでした。
また、道も大分舗装されていて、標高はそこまで高くないものの眺望がとても良いので、ファミリーでも楽しめそうです。
関連記事
スポンサーサイト
2017.04.07 Fri l 神奈川県の山 l top