去年あたりから開催を待っていた展覧会が始まったので行ってきました。
どんな作品を見てみたかったのかと言うと、ブリューゲルの「バベルの塔」です。

この作品です↓

The_Tower_of_Babel_(Rotterdam).jpg


普段はオランダのロッテルダムにあるボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館にあります。
数年前に僕はオランダに行ったのですが、ロッテルダムには行けず観られなかったので、日本に来たら是非観てみたい!と思っていたのでした。

ということで、展覧会が開催されている東京都美術館@上野公園へ。

DSC08982.jpg


開館間際に行ったので、そこまで混んでいない様子に見えたのですが、入ってみたらそれなりに人がいました。
まぁ、僕が人混みが苦手でそう思っただけで、人混みが大丈夫な人にとっては人混みで作品を見られないということもなかったので、気にならないかも知れません。

今回のメインであるブリューゲルの「バベルの塔」は最後にありますが、今回は、そのブリューゲルの直前の時代に活躍したヒエロニムス・ボスの作品やその影響下の作品が並べていたことで、ブリューゲルにどんな影響があったのかがすごく分かり安くなっていました。

イタリアを中心としたルネサンスが色濃い作品を今までよく見てきたからか、「バベルの塔」もそうですが、詳細に描かれたこれらの作品がとても新鮮に映りました。

館内で写真を撮って良かったのは、この「頭足人間」をモチーフにしたっぽい「タラ夫」くらいでした。

DSC08983.jpg


でも、壁には作品に描かれている妖怪?怪獣?が貼ってありました。

DSC08985.jpg


ちなみに、ブリューゲルの作品も良かったのですが、彼に影響を与えているボスの作品も良かったので、公式図録を買おうか悩んだのですが、この↓ムックが中々良かったので、ボスとブリューゲルのものを買いました。


西洋絵画の巨匠 ボス (小学館アーカイヴス)



西洋絵画の巨匠 ブリューゲル (小学館アーカイヴス)


ムックなので図録よりも薄いですが、作品が大きく記載されていたり、主要作品は網羅されていて、僕としてはこちらで十分でした。
なにより、2冊買っても図録の半額なのが良かったです。
関連記事
スポンサーサイト
2017.04.29 Sat l お出かけ l top