昨日、絵本作家のヨシタケシンスケさんのサイン会に行って来ました。

ヨシタケシンスケページ

お子さんがいる家庭だったら見たこと、読んだことのある人が結構いると思いますが、我が家では、『りんごかもしれない』を初めて読んで以来、ヨシタケさんの作品に惹かれ、『ぼくのニセモノをつくるには』『このあと どうしちゃおう』『りゆうがあります』『ふまんがあります』があり、最近でも、『もう ぬげない』『なつみはなんにでもなれる』も買いました。

そんなヨシタケさんの新刊↓が出る、ということで、それに合わせサイン会が行われるという情報をキャッチしたツレが、2冊分(=2人分)申し込みをしていたのです。


http://amzn.to/2tgbO55


僕はあまりサイン会とかには興味がなかったものの、特に予定もなかったので、写真係として同行したのですが、ささっと目の前でサインと共にイラストを描いていく様子は感動的でした。

DSC09279.jpg


サインは文字ですが、イラストも描いて下さったので、どんなスピードなのか、どういう風に描いているのか、手の動き、身体の傾斜などを実際に見られて良かったです。
子どもたちもヨシタケさんが描いて下さっている最中、とても興味深そうに見ていました。

また、この日だけでもものすごい人数(冊数)分のサインと写真を撮っているだろうに、にこやかに接して下さり、とても短い間だったものの、そのお人柄も垣間見えて貴重な機会になりました。
関連記事
スポンサーサイト
2017.06.19 Mon l お出かけ l top