上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
僕が餃子が好きなので、我が家ではわりとよく餃子を作ります。
その時に困るのが、具が残ること。
買い物をするときになるべく具が残らないように材料の量に注意し、更に餃子の皮に具を詰めるときにもかなり気をつけて包んでいました。
でも、それでもどうしても具が余ってしまったり、逆にたくさん詰めようとしすぎて皮が余ったり。

それが微妙に心理的な負担だったので、もう、材料が余ることを気にせずに用意することにしました。
そうすれば包むのもかなりスピードアップ出来るので、とても良いのですが、余った具をどうするか、が問題になってきます。

簡単に丸めて焼いていて、それはそれで良かったのですが、それをもう少しアレンジしてみることにしました。
それがこれ↓

20170624.jpg


インスタント麺でも市販されている生麺でも良いので、ゆでた麺を少し切り、それと余った餃子の具を混ぜます。
この時少し水分が気になるようだったら、片栗粉を入れ形成し、両面を焼きます。

そうすると、味は餃子ですが、見た目に変化があり、全く違う料理の様になりました。

ということで、昨夜餃子だった我が家は、今夜は僕が外出するので、このアレンジレシピにしてみました。
関連記事
スポンサーサイト
2017.06.24 Sat l 本日のパパ料理 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。