上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ツレがリクエストしてTSUTAYAディスカスから送られてきた映画です。
ハリー・ポッターシリーズということで、子どもたちと一緒に観てみました。


ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(字幕版)


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト

作品データ映画.comより)
原題 Fantastic Beasts and Where to Find Them
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 133分
映倫区分 G

ストーリー(公式サイトより)
主人公は、魔法使いニュート・スキャマンダー。魔法の腕は超一級。優秀だけど、ちょっと不器用。そして魔法動物をこよなく
愛する変わり者。魔法動物学者として世界中を旅する彼の手には、いつも愛用のトランクが。この冬、そのトランクが引き起こ
した前代未聞の事件が、世界中を騒がせる!
ニュートのトランクの中に無限に広がるのは、なんと―夢のような魔法の世界!そのめくるめく不思議な空聞には、たくさんの魔法動物たちが!それがトランクから逃げ出してしまったことで人間の街は大パニック!小さな可愛いいたずらものから獰猛で手におえない危険生物まで、個性あふれる魔法動物たちが、街の通りや家の中まで、次から次へと現れては大混乱を引き起こす!
ニューヨークの街は大騒ぎ。しかも、ノー・マジ(普通の人間)が魔法使いの存在に気づきはじめ、人間界と魔法界は一触即発の極めてめて危険な状態に……。
持てる魔法のすべてを使い、仲間と供にニュートは人間界と魔法界を救えるのか?

感想
中高生の時に、今か今かと新刊が出るのを楽しみにしていたハリー・シリーズ。
先日、作者のJ・K・ローリングさんがハリー・ポッターを出版してから20年という新聞記事を読んだのですが、その20年の間にすっかり僕自身はハリー・ポッターへの興味が薄くなってしまいました。
最後の方がどうなったのか、読んだのかも覚えていませんし、映画も全部観ていないような気もします。

この「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がスピンオフ作品として公開されていたことはもちろん知っていたのですが、原作があるのかもよく知りません。
でも、主人公ニュートを演じるのが「リリーのすべて」での演技が強く印象に残っているエディ・レッドメインということで興味を持って観ました。

物語としては、公式サイトに載っているストーリーが中心になるのですが、エディ・レッドメインはすごく上手でしたが、登場する魔法動物たちがあまりかわいくない。
かわいくない、というか、この動物良いね!と思うような容姿だったり、キャラクターではありませんでした。

魔法動物が半分主人公のような物語なので、この映画のおもしろさは魔法動物がいかに良いキャラクターかにかかっていると思うのですが、僕自身はあまり良いキャラクターとは思えなかったので、映画もあまり楽しめませんでした。

また、全体的な色彩として少し暗めで、魔法界の登場人物たちも洋服が暗めで、話の内容も「闇」が暴れ出すものだったので、観ていてどんよりした気持ちになってしまいました。

それでも、ラストの物語はハッピーですし、色彩も明るめだったので、そこは良かったのですが、全体的な印象としては暗かったので、子どもたちもあまり楽しめなかったようです。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「聲の形」 / 8 「少年と自転車」 / 9 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 10 「シチズンフォー スノーデンの暴露」

11 「帰ってきたヒトラー」 / 12 「SING/シング」(日本語吹替版) / 13 「ある戦争」 / 14 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 15 「ナイトクローラー」 / 16 「奇跡の教室」 / 17 「ベティ・ブルー」 / 18 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 19 「神様の思し召し」 / 20 「her/世界でひとつの彼女」

21 「マグノリア」 / 22 「カフェ・ソサエティ」 / 23 「オケ老人!」 / 24 「プリズナーズ」 / 25 「if i stay」 / 26 「ハドソン川の奇跡」 / 27 「ニュースの真相」 / 28 「ラ・ラ・ランド」 / 29 「しあわせのかおり」 / 30 「REDリターンズ」

31 「 愛しき人生のつくりかた」 / 32 「ディーパンの闘い」 / 33 「ロルナの祈り」 / 34 「プリデスティネーション」 / 35 「セトウツミ」 / 36 「永い言い訳」 / 37 「追憶の森」 / 38 「花様年華」 / 39 「EDEN/エデン」 / 40 「17歳」

41 「ある子供」 / 42 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 43 「後妻業の女」 / 44 「Mommy マミー」 / 45 「ロゼッタ」 / 46 「ニュースの真相」 / 47 「ビューティフル」 / 48 「あと1センチの恋」 / 49 「海難1890」 / 50 「ホテルコパン」

51 「聖の青春」 / 52 「ロング・トレイル!」 / 53 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 / 54 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 55 「百瀬、こっちを向いて。」 / 56 「白い帽子の女」 / 57 「ワールド・ウォーZ」 / 58 「惑星のかけら」 / 59 「麦子さんと」 / 60 「超高速!参勤交代 リターンズ」

61 「捨てがたき人々」 / 62 「カケラ」 / 63 「スプリング・ブレイカーズ」 / 64 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

関連記事
スポンサーサイト
2017.07.01 Sat l 2017年 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。