上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、3泊4日で子どもたちが所属するボーイスカウトのキャンプに行って来ました。
参加したのは長男(小5)と次男(小3)なので、保護者の付き添いはもう必要はないのですが、2日目のお昼まで炊事担当が必要だということで、「食事を作るなら夫で」というツレの一言で僕が行くことになりました。

キャンプ自体は3日目にくみ上げポンプが故障し水が使えなくなるというアクシデントに見舞われたものの、子どもたちは無事に東京へ帰ってくることが出来ました。

そんな中、キャンプ地のすぐ近くにある、サントリー白州蒸留所の見学ツアーに参加してきました。

サントリー白州蒸留所

家にいるときには毎食作っているのに「キャンプでも炊事係か…」とあまり乗り気ではなかった僕に、ツレが白州蒸留所ツアーを申し込んでくれたのです。
夏休み、しかも、お盆の時期なので予約が埋まっているかな、と思いましたが、6月中旬の時点で予約することが出来ました。

当日は、丁度蒸留所に向かう時間、ゲリラ豪雨に見舞われ、受付の女性に「徒歩出来たのですか!?」と驚かれ、「帰りも徒歩ですか!?お気を付けて…」と心配されるほどでしたが、無事に参加することが出来ました。

どのようにウイスキーが出来るのか、材料の説明から、仕込み、蒸留の仕方、また、貯蔵庫の中で説明をしてもらい、最後は、原酒と白州をテイスティングし、そして、白州のブレンダーがオススメするというハイボールをおつまみと共に試飲しました。


↑左から原酒2種、白州、ハイボール用白州

ハイボールも白州蒸留所で作られて白州を、ここで取れた南アルプスの天然水の炭酸水で割るという、ここで作られたもので作りました。


↑右にある、貯蔵樽の粉末チップで燻したおつまみがとてもハイボールに合って美味しかったです。

1時間ちょっとの見学とテイスティング、試飲のあとは、雨も止んでおり、徒歩でまたキャンプ地に戻りました。

キャンプ地に戻ったら断水していたので、余韻に浸る余裕はなくなってしまいましたが、1人での参加者も何人かいて気兼ねすることもなく、キャンプ中の良いリフレッシュにもなりました。

ちなみに、サントリー白州蒸留所&サントリー天然水南アルプス白州工場のすぐ近くには、お菓子のシャトレーゼの工場もあります。
今度はシャトレーゼにも行ってみたいな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.08.15 Tue l お出かけ l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。