上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、サントリー白州蒸留所の見学ツアーに参加した際、ウイスキーの熟成樽の燻製チップを買ってきました。

DSC09737.jpg
税込み378円でした。


数年前から燻製が流行っているということは知っていたものの、燻製用の道具を揃えるのも大変だな、ということもあり敬遠していましたが、とりあえず金網だけ手に入れれば、我が家でも出来そうなので、作ってみることにしました。

近所にあるホームセンター2店をに行って家にあるフライパンに合う26cmの金網がなかったので、28cmの金網を買い、それを縮めました(金網の縮め方については割愛)。

ということで、道具も揃ったので、燻製作り開始。
簡単そうなので、今回はカマンベールチーズ。

1.フライパンにアルミホイルを敷き、その上に大さじ2杯くらいの燻製チップを載せます↓

DSC09735.jpg


2.金網の上にアルミホイルを敷き、その上にカマンベールチーズを載せます↓
(カマンベールチーズは溶ける可能性があるのでアルミホイルを敷きました)

DSC09736.jpg


3.蓋をして、強火にかけます。
(レシピサイトとかだと「煙が出て来たら(約2分)弱~中火にする」とありましたが、我が家のコンロは安全装置の関係で勝手に弱火になってしまうので、最初に強火にした後は火力調整はしませんでした。)
4.10分後に火を消す。
5.そのまま1時間放置。

フライパンから出したらこんな感じになっていました↓

DSC09738.jpg


暖かい内に食べるのも、中がとろっとしていて美味しいそうなのですが、今回は食事の時間に合わなかったのでラップに包み、冷蔵庫へ。
切り分けるとこんな感じになりました↓



子どもたちには香りが強すぎたようで、食べもせずににおいを嗅いだだけでダメでしたが、僕はほのかに香るウイスキー樽のにおいを感じる事が出来ました。
確かに、逆ににおいが気になるかも知れないので、消火してからの放置時間を1時間より短くしても良いのかな、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2017.08.19 Sat l 本日のパパ料理 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。