上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
僕は写真を撮るのが割と好きなので、カメラを何台か持っています。
ごつい一眼レフ、ミラーレス、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の3種類です。

それぞれ一長一短あるのですが、今回はカメラの比較とかではなく、壊れてしまった(正確には動作がおかしくなった)ので修理に出した話です。
山に登るときに、持ち運びが楽なので、コンデジを持って行っています。

僕が持っているコンデジはこれ↓


ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100


RX100シリーズは毎年の様に新しいものが出ているのですが、この初代機は未だに人気があるようで今も売っています。

このカメラ、電源ボタンを押しても、レンズが上手く出てこなくなりました。
電源を入れると、レンズが中途半端なところで止まり、「電源を入れ直してください」との表示。

最初は、そこまで高い頻度ではなかったのですが、10回に9回はこの症状が出て、ちゃんとカメラが作動することが少なくなってしまいました。

同じ症状の人を調べた結果、レンズの隙間からゴミが入ったことによるものだということで、クリーニングをしましたが、少しだけ症状が良くなりましたが、やはり根本的な解決には至りませんでした。

ということで、修理に出そうか、と。
そこで気になるのは修理代。
SONYのサイトから調べてみたら、17,496円

高い…。
気に入っていますが、初代機なので、新しいものを買おうかとも思いましたが、後継機は軒並み60,000円を超え、同じ初代機も35,000円以上。

修理代の方が安いので、泣く泣く修理に出しました。

もちろん、金額は高く、かなり痛い出費だったのですが、ある程度満足する結果でした。

IMG_0270.jpg


修理に出して良かった点を挙げてみると、こんな感じです。

①公式ホームページから申し込み後、翌日には回収され、3日後には手元に戻ってきた。
②梱包が念入りだった。
③交換済み部品も手元に帰ってきた。

①修理を申し込んでから、回収に来て、さらに戻ってくるまでの早さには驚きました。
カメラを持っていきたい外出の用事があったので、悩む前にささっと修理に出しておけば良かったと思いました。
(外出には違うカメラを持っていきました)

②梱包についてはこの手の修理を出したことがないので比較出来ませんが、真空パックに包まれていたり、衝撃吸収が工夫されていて良かったです。

③そして、何より良かったのは、交換された部品が手元に戻ってきたこと。
これが帰ってきたことで、どこがおかしかったのかが素人でも一目で分かります。
(やはりレンズのセンサー部分がおかしかったようです。)

もちろん、修理に出すようなことがないのが一番良いのですが、高い修理代を出しただけのことはあったので良かったです。

ちなみに、その後にも電話で「修理後のカメラの調子はどうですか?」というアフターフォローもありました。
関連記事
スポンサーサイト
2017.09.13 Wed l 日々雑感 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。