先日、ツレ実家(我が家から自転車圏内)の前にある公園で「子ども縁日」なるものがありました。
前から感心しているのは、この地域はこういう催しがあります。
町内会は賛否両論あるだろうけど、お祭りやこの縁日も無料だし、山車や太鼓も叩かせてくれるので、子どもが喜ぶのでとても助かっています。



↑ポップコーンを選ぶT(4歳)とS(2歳5ヶ月)


今回の縁日は、12時からだったので、普段11時台にお昼ご飯を食べる僕らは、昼食を食べてから行きました。
ツレ姉も近くに住んでいるので、来てくれ、我が家5人とツレ姉の6人で行きました。
子どもには1人一枚ずつカードをくれ、一つずつやったり、食べたりしました。
今回は、まずカードと一緒にヤクルトをくれ、焼きそば、ポップコーン、綿あめ、かき氷があり、飴すくい、金魚すくい(生きていないやつ)、射的がありました。
いつからなのかわからなったのと、すでに昼寝の時間だったので、ビンゴには参加出来ませんでしたが、子どもたちは、かき氷も綿あめも食べられて嬉しそうでした。



↑食べて良いとは言ってないのに食べてるS


公園ということもあり、少し遊べたのも良かった様です。



あと、早めに行ったので、どんどん子どもたちが集まって来ましたが、その混雑に影響されることなく、楽しめたのも、生活時間が若干他の家庭より早い我が家には良かったです。
こういう催しが住んでるところの近くでもあれば良いなぁ、と思うものの、準備している人たちが年配の人たちばかりだったので、かなり難しいのかも、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2011.08.31 Wed l お出かけ l top