キリスト教の暦でこの間の日曜日からクリスマスの季節になりました。
我が家は飾り付けを出すのが遅くなってしまいましたが、飾り付けを出してみました。
と、言っても僕が気に入っているクリスマスクリブ(人形)くらいで、あとはどこに飾れば良いのか分からなかったので、リースやオーナメントはツレに任せました。

IMG_0233.jpg
↑クリスマスクリブ(24日の深夜になるまでイエスさんはいないはずなんですが、今日は特別に)

結婚して間もない頃、なかなか気に入ったものがなくて、銀座の教文館でのクリスマスフェアに行ったして探したりしたのですが、見つからなかった時、たまたまツレ母が「これどう?」と言ってきて、僕のイメージにぴったりだったので、一目惚れで買っちゃいました。
それ以来、このクリブを出すのも、クリスマスを迎える楽しみに加わりました。
これを出したら、S(2歳8ヶ月)も気に入ったらしく、いじくって遊んでいます。

さて、12月になったので、今度は、「アドベントカレンダーをどうするか。」ということで悩んでいました。
去年は、頂いたものがあったのですが、今年は無し。
「無いなー」と思っているうちに12月になってしまいました。
なので、探したらエリック・カールさんの絵で良さそうなのがあったので、注文したら、、、、アドベントカレンダーを頂きました。

IMG_0234.jpg
↑頂いたアドベントカレンダー(ちゃんとT(4歳)とSの2人分あります)。

世間でも、クリスチャンではなくても、アドベントカレンダーが浸透しつつあるようで、お菓子が出てくるものとかあるみたいですが、我が家では基本的に、小さな物語が付いていて、何かができあがるものにしています。
イエスさんが生まれるのをいまかいまかと待っていたら、何かが出来ていたりするのってとてもすてきだと思います。
あと、子どもたちがすこしずつ「作る」という意識なしに、やっていたことが、実は何かが出来上がるのを目にするのも良いことかな、と思います。

ちなみに、僕が注文したのは、こちら↓
IMG_0235.jpg
900円くらいで、最終的には小さなツリーとかになります。
これは来年使うことにしました。
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.02 Fri l 本日の子どもたち l top