先週末は、毎月のように行っている、僕の実家に行ってきました。
「何故そんなに実家に行くのか?」と思う人もいるかも知れません。
大きな理由は「比較的近くに住んでいるから」ということですが、一番の理由は、「親孝行」です。

孫の存在は、やはり子どもとは違うようで、父親などは僕らに対するより明らかに、孫にはよく接しています。
と、いうことで、どうやら孫は「そこにいるだけ」で「親孝行」になるようなので、なるべく連れて行くようにしています。
最近は「イクメン」とかも流行っているので、父親の実家に子どもを連れて行くこともあるのかも知れませんが、僕の母親曰く「小さい時に孫たち(僕たち)をもっと連れて行けば良かった」と言っているので、僕はツレ無しでも子どもたちと一緒に簡単に行けるので、行くようにしています。
ツレの両親の場合は、ちょっと離れたところに住んでいることもあり、自ら来てくれます。

「親孝行」ということもありますが、今の世の中、「祖父母支援」がないと、共働き(やそれに近い状況)で子どもを育てるのは簡単なことではありません。
僕も幾度、自分の母親、ツレの母親にヘルプを頼んだことか。
なので、「親孝行」というよりは、実は、そのヘルプのお礼だったり、逆に、ヘルプを頼みやすくするためだったりします。

イクメンも流行っている(?)ようですし、世のパパたちも、子どもとの外出先に自分の「実家」を入れてみたらいかが?と思います。

では、最後に、実家近辺の公園で遊ぶ子どもたちの写真です。
IMG_0383a.jpg
↑S(2歳8ヶ月)はすべり台があるととりあえず「すべりたーい」と滑ります。
IMG_0384a.jpg
↑T(4歳)はSが滑っているととりあえず滑ります。
IMG_0388a.jpg
↑二人して右の方を見ていますが、何もないんですけどね。何が気になったんだろう。
関連記事
スポンサーサイト
2011.12.13 Tue l 本日の子どもたち l top