昨年末から、パルシステム(生協)のカタログ、Twitter、Facebookで盛んにもり立てていたられていた話題。
それは「みそフェス。2012」と銘打って、味噌を手作りするというもの。
最初は、「まさか、味噌を作るなんて、無理無理」と思っていましたが、キャンペーンの術中に見事にはまり(なんてったって、「手作り味噌の日」が僕の誕生日だったし)、作ってみることにしました。

①まずは、一晩(12時間以上)大豆を水に浸します。
IMG_0853.jpg
↑これが、大豆がよく水を吸うこと。こんなに?というくらい水を吸収しました。

②そして、次の日(朝5時起き)、朝から約3時間煮ました(これも水を大量に使います)。
ここで驚いたのは、大豆から出る灰汁の量。料理ではあんまり気になっていませんでしたが、こんなに大豆から灰汁が出るんだ!と驚きました。
③小指と親指で大豆をつぶせるくらいになったら、つぶします。

IMG_0854.jpg
↑ここが一番きついかと思っていたら…。

④つぶした大豆と、麹、塩をまぜたもの、そして、種味噌を混ぜます。
これが一番きつかったです。なぜかというと、大豆だけでも大量に膨らんだのに、麹と塩ですごい量になること。一緒に混ぜられる容器が我が家には無く、二つに分けました。

IMG_0855.jpg
↑⑤最後に、おにぎりくらいにした味噌玉を作って、容器に3個くらい入れてはつぶす(空気抜き)という作業をして、塩を振って、ラップ、重しをして、新聞で蓋をしたら終了!

半年後、うまく味噌になっているか楽しみです♪

ちなみに今回使った材料は
・大豆1kg
・米こうじ1kg
・塩430g
・種味噌250g
これで約4kgの味噌が出来るそうです。
味噌の材料になるもの以外だと、水(大量)、塩1kg(重しの代わりに一袋を載せました)、アルコール除菌剤です。
関連記事
スポンサーサイト
2012.01.30 Mon l 本日のパパ料理 l top