ついに、というかなんというか、T(5歳)が最近、朝繰り返す言葉。
それが、「保育園行きたくない。家にいる。」というもの。

S(2歳11ヶ月)も毎朝のように「保育園行かなーい」とは言っているのですが、2人それぞれちょっと中身が違います。
TもSも2人に共通しているのは、「お母さんが家にいる。だから家にいたい。」ということ。
Sの場合は、理由はそれだけなのですが、Tはそれとはちょっと違います。

Tの場合は、通っている保育園で嫌なことをされるから、ということのようです。
以前から、ちょっと乱暴な子がいて、遊び(スーパー戦隊ごっことか)が盛り上がった時に、ぶたれたり、蹴られたりということがありました。
Tはそんなことがあっても、その子を含め「仲間なんだよ」とか言っていたので、保育士の目がちゃんと届いていて、未然に防げれば大丈夫かな、と思っていました。

でも、新設園ということ、私立だということ、法人としても初めての保育園ということ、などが重なっていて、保育士さんたちのほとんどは保育士としての経験が浅い人たち。
それもあって、残念ながら、未然に防ぐということにはならず、そもそも保育士が把握していないことも多々。
お風呂に入っているときや、寝るときに「今日ね、○○くんに蹴られた」というのを何度も聞いていました。

そして、たぶんTの中で決定的に「やっぱり嫌だ」と思わせたのが、前に通っていた世田谷区立の保育園に遊びに行ったことだったようです。
1歳の時からの持ち上がりで、4歳になるまで一緒に過ごしたみんなに再会し、1時間弱でしたが、一緒に遊んでみると、ちょっと乱暴な(というか汚い)言葉を使う子はいても、ぶたれたり、蹴られたりはしない。
ぶたれたり、蹴られたりされるのはイヤだ!今の保育園はおかしい、イヤだ!と思ったようです。

T本人は保育園に行かなければ行けないことも分かっているのか、それも前の保育園には通えないことをちゃんと理解しているのか、「前の保育園に行きたい」とは言わず、「違う保育園に行きたい」とのこと。
4月当初から転園希望を出していますが(Sと違う保育園で遠いので)、M(7ヶ月)さえ保育園に入れないほどなので、とりあえず、今まで「仲間」と言っていた子たちではなくて、「△△くんとか、□□ちゃんと遊んだら?」と話し、実際、そうしているようです。

僕は最初、ツレがこの件に敏感に察知していたものの、一過性のものと思っていました。
でも、お迎えは誰よりも早いのに、「今日は早くお迎えに来てね。」と言われたり、今まで誰よりもお迎えが早いので「えー、もう!?」と泣かれたこともあったのに、いつも通りの時間にお迎えに行ったら、ずっとお迎えを待っていたのか「今日は早いね!」と言われたり。
さらには、Tは保育園に送るときもすんなり別れられていたのに、「ねぇねぇ、お父さん」と呼び止められ、絵本を読んで内容を教えてくれたり(たぶん、引き留める口実なんだと思います)。

クラスの子たちの名前とか普段の様子とかを何となく分かっていたからこそのアドバイスが出来て良かった、と思うものの、T本人にとっては、決して解決しているわけでもないので、悩ましいものです。
関連記事
スポンサーサイト
2012.02.23 Thu l 本日の子どもたち l top