昨日は、Sの3歳児健診でした。
朝、一度、いつものようにSとM(9ヶ月)を連れて保育園に行き、Mだけ預けて、そのまま保健センターへ。
9時から受付でしたが、早めに着いても、すぐに受け付けてくれました(すでに5、6人いました)。

IMG_1763.jpg
↑待ってる間に絵本を読みました。

やる内容としては、事前には、育児に関するアンケート、目と耳の検査、そして当日朝の採尿がありました。
受付で、アンケート、目と耳の検査結果、尿、母子手帳を渡し、まず最初は、保健師さんとの会話でした(尿検査の結果もここですぐに教えてもらえました)。
育児や発育で気になることはありますか?とか、我が家の場合は去年引っ越して来たので、生活は落ち着きましたか?とか、実家の育児の援助はありますか?等々。

その後は、歯科健診。
歯医者さんが褒めてくれたほど、上手に口を開けたまま、天上に貼ってあったアンパンマンを指して「アンパンマンだ!」という余裕があるほど、落ち着いて診察してもらえました(子どもで初めて指摘したらしいです)。

その次に、身長体重測定。
ここでは、慣れていない子の中には泣いている子もいましたが、Sは保育園で慣れているので、パンツ一枚だけになったら、自分からすぐに計測器のところに行って、計ってもらっていました(大概親が目の前に行って計っていました)。

その次に、小児科医による問診、聴診器などの触診。
家で目の検査をしたら、嫌がったということもありますが、左目がちゃんと見えているか分からなかったので、「ちゃんと検査できるところで一度診てもらった方が良いでしょう」ということに。
1ヶ月以内に大きな病院に行くことになりました。
最近iPhoneをいじるので、とりあえず今はやめさせて置いた方が良いのかも知れませんね。

最後は、心理相談、栄養・保健指導の部屋に通されましたが、病院への紹介状を書いてもらうのを待っていただけで、何もありませんでした。

終わってみれば1時間ほどで、その後は保育園に向かいました。
今回の健診では、男性含む3人で来ていたのが1組、男性だけが僕以外で1組でした。
やっぱり、乳児に関するものや、健診は女性ばかりですね。
保育園の送りは3歳くらいになると、男性も多くなってくるのですが。
関連記事
スポンサーサイト
2012.04.26 Thu l 本日の子どもたち l top