先日、会員になっているファザーリング・ジャパンのメンバーが「東京ドームでソフトバンクの『鷹の祭典』をやるので、一緒に行きませんか?」という呼びかけをしていました。
(呼びかけ人は、九州出身の方なので)
初めて知りましたが、『鷹の祭典』では、ユニフォームや旗がもらえる、ということで、安い立見席(大人2千円、子ども4歳以上千円)をセブンイレブンで買って、T(5歳)とS(3歳)と行ってきました。

「行こう!」と思ったのは、東京ドームが家から近いのと、いろんなグッズがもらえること、値段の安さ、そして、子どもたちは今までプロのスポーツを観戦したことがなかったので、雰囲気だけでも味わえれば良いかな、と思ったのです。

平日だったので、保育園からお迎えし、ツレ(頼んで早く帰ってきてもらった)の帰宅を待って、3人で東京ドームへ。
思ったより早く着いたので、腹ごしらえをして、いざ、ドームへ!
が、「立ち見席」なので、本当に席はなく、子どもたちは「なんで空いてるのに座れないの?」と言われてしまいました…。
が、そんなことを言ったのは最初だけで、思っていたよりも子どもたちは初めてのプロ野球に興味があるようで、柵にへばりついて野球を見ていました。
こういうとき、小さい子どもって、大人の隙間に入り込んで見られるのがいいですね。

IMG_2170.jpg
↑腹ごしらえ中のお二人

野球の内容は、投手戦になって、ほとんど点が入らなかったので、子どもたちにはちょっと面白くないときもあったようで、そういう時は、「あれ食べたい!」とコアラのマーチやら、ポップコーンやらを食べていました(ごはん食べたんですけどね)。
7時半近くになると、さすがにSは保育園にも行った日なので、疲れてきて、不機嫌になってきたので、Tは「まだ見たい!」と主張したものの、帰宅しました。

IMG_2172.jpg
↑ぶかぶかのユニフォームを着るSとちゃんと食べたはずなのに、お菓子をムシャムシャ食べるT

僕も仕事の締め切りが迫っている中で、あんまり余裕がなかったので、今度は、座れるように席をとって行こうかな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
2012.07.06 Fri l お出かけ l top