2度目の金魚の飼育を始めて丸1週間経ちました。

前回は、4日目くらいからちょっとした異変を発見し、5日目には拡大、6日目、7日目と次々に金魚が死んでいってしまいました。

しかし、今回は、3日目あたりに、背びれの破れを見つけ動揺しましたが、背びれ自体はピンと立っていたので、特に何もせずに経過を観察していたら、背びれの破れも直り、より元気になりました。


我が家の金魚ちゃんたち


前回と何が違うのかな?というと、

①塩を入れた
②バクテリア(+石灰)を入れた

この2つを前回の時はやらなかったのですが、金魚屋さんからのアドバイスもあり、やってみたのでした。

塩は前回書いたように0.15%くらいを入れたのですが、何故入れるのかというと、金魚自体が塩分があるため、少量の塩を含む水の方が、エラを含め体に負担が少なく、病気の予防になるそうです。

また、バクテリア(と石灰)は、金魚の糞などで汚れてしまう水を浄化する役目があります。

金魚をもらってきた時の水の中にも当然バクテリアがいるのですが、そこから増えるのを待つより、新しい水槽に入れておくとより水の浄化が早くなるようです。

石灰(具体的には、最初は3日間フード、その後は貝殻)を入れたのは、バクテリアが糞を浄化する際に出てくるの酸を中性化するようです。

最初の5日間くらいは3日間フード(石灰成分が含まれているので)を入れていましたが、これは、石灰成分もそうですが、あまり餌をあげすぎるといけない(糞が出過ぎたり、胃のない金魚の体に負担がかかる)ため、餌を少なめにしていたので、少なくても何とかなるように、という目的でもありました。

最近は、僕などの人間が近づくと餌をもらえると思い近づいてきてくれるので、すこしずつ愛着が出て来ました。
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.21 Sat l 本日の子どもたち l top