小雪舞い散る寒空の中、昨日は近くのスポーツ施設でやっている親子サッカー教室に行って来ました。
普段は週1回からのサッカー教室ですが、体験という意味も含めて、2月と9月に、未就学児は親子教室、小学生以上は本人のみが参加出来ます。

DSC02037a.jpg
寒かったけれど、サッカーをすると身体もぽかぽかでちょうど良い感じでした。


ということで、次男S(4歳)と一緒に参加してきました。
(ツレたちは「寒い」ということで殆ど見に来ませんでしたが)

長男T(7歳)は他のスクールでサッカーを既にやっているのですが、Sはまだそこまでサッカーボールで遊んだことが無いからか、ちょっと「難しかった」そうです。
でも、Sはサッカーボールのけり方、操り方は難しいのかもしれませんが(時々手が出てしまうし)、この幼少期のサッカーで一番重要な「ボールへの積極性」は充分だったように思います。
Tは最初習い始めた時、そもそもボールに近寄っていこうともしなかったので、これからどんどんうまくなれるだろうなと思いました。

僕個人としての感想は、初めてこのグラウンドに入りましたが、とても良いグラウンドでここでならサッカーやるの楽しいだろうなと思いました。
あと、親子教室ですが、サッカーだからか親は殆ど父親で、まぁ、それは良いのですが、「服装が気合い入っている人」が結構いて、でも、その「服装が気合い入っている人」が必ずしも上手じゃなかったのが興味深かったです。

僕も子供の頃、サッカーやっていたので、またやりたいなぁ、と思いましたが、会社に属しているわけでも無いし(会社のつながりでサッカーやフットサルをやる人たちが結構いるみたいです)、フットサルを今やってる親しい友だちもいないので、ちょっと残念です。
関連記事
スポンサーサイト
2014.02.12 Wed l 本日の子どもたち l top