毎号読んでいる『母の友』、1年ちょっと毎号読んでいるのでマンネリ化しつつあるものの、毎回何かしら「気合い入ってるなぁ」とか思わせる記事があるので、新しく出るとやっぱり買って読んでいます。
ちなみに、雑誌はこれの他は読んでいる物は特にありません。


母の友 2014年9月号


今回の特集は、「お年寄りと読む絵本」というもので、こちらはあまり興味が持てませんでした。
自分の祖父母は既に他界してしまったし、両親はまだ「お年寄り」といった感じでもないし。
両親がもっと年老いた時の「予習」としては良いのかもしれませんが、そこまで興味が持てませんでした。

もう一つの特集が「あのとき、母として」という読者による手記でした。
こちらは2つの文章が載っていて、ひとつ目の方はあまり興味が持てませんでした。

が、ふたつ目の文章が頭をがつんと殴られるようなものでした。
内容としては、「死産」です。
「死産」は、妊娠、出産のことを何回か身近で経験していると「それなりにある話」ではあるのですが、ここに載っていたのは「10ヶ月目の死産」でした。
昨日までぽこぽこ動いていた子供、そして「当たり前のように元気に生まれてくると思っていた両親」。
でも、陣痛が来て、調べてみると胎児の心臓が止まっていた…。
それでも、陣痛は来ているので、その子が既に死んでいると分かっていても、産まなければならないお母さん。

元々涙もろい僕ですが、この手記はなんというか、涙なしには読めないとかそういうレベルではなく、頭をがつんと殴られたような気がしました。
生まれて来てからも原因不明で突然死のこともありますし、流産、死産もありますが、もう生まれる、というその段階になって突然心臓が止まってしまう。

悲しみを共有することも慰めることも出来ませんが、少なくとも、妊娠が分かったカップルや、妊娠を望む人、そして妊娠する可能性のある人たちには「情報」「知識」だけだとしても、知っておいて(知らせておいて)ほしいな、と切に思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2014.08.17 Sun l 育児・料理雑誌 l top