週末金曜日からツレ両親宅へと行ってきました
その際に、子育て8年弱にして初めての経験をしました。

それは、【子どもの車酔い】です。

当初は、僕が子どもたち3人を連れてバスで向かう予定だったのですが、ツレ母が前日にこっちに来ていたので、ツレ母の運転する車で送ってもらうことに。
ツレには以前から伝えてあったのですが、僕はツレ母の運転がとても苦手です。

年齢が一つの大きな理由かもしれませんが(四捨五入すると70歳)ブレーキ、アクセルを何度も踏み、周りもあまり見えていないので、左右に揺れたり。
助手席に乗っているとかなりの恐怖なので、「基本的にツレ母の運転する車には乗りたくない」と伝えていました。

で、今回、ツレ母もこっちにいたので、あらがいようもなくツレ母の運転する車でツレ両親宅へ向かったのですが、その運転の犠牲になったのがムスメM(3歳)です。
見事に僕の隣でどばどばと嘔吐しました。
ツレと別れた精神的なショック、身体のサイズ(姿勢)に合わなくなってきたチャイルドシートも車酔いの原因かもしれませんが、一番大きな理由はなんと言ってもツレ母の運転技術です。
なぜなら、僕も気持ち悪くなったし、次男S(5歳)もあとで「気持ち悪かったけど我慢した」とこっそり教えてくれたので、車に酔ったのが「具合の悪かったMだけ」ではなかったからです。

義母なので直接「あなたの運転が原因ですよ」とは言えないので、とりあえずツレに伝えておきました。
「僕はもう乗らない」と。
まぁ、また酔って吐いても良いなら僕のいないときに行くのは構いませんが、僕が行くときは必ずバスにしようと思います(って最初からバスが良いと言ってあったのですが…)。

ちなみにバスが良かった理由としては、ツレ母の車の運転が恐い、ということ以外にも、バスだと殆ど予定通りに到着するので、時間が読みやすいこと、そして、今回は夕食時間帯にかかっていたので、バスの中で夕食を済ませたかったからです。
Mの嘔吐もあり、ツレ両親宅に着いたのは19時半頃。
そこからお風呂に入り、夕食は21時とか。
バスで行けば、バスの中で夕食を取り、すぐにお風呂に入って寝ることが出来たはず。
(それなのに、ツレは電話口で「なんでこんな時間に起きてるの!」とか怒ってるし。)
最初の僕が提案したとおりバスで行かせてもらえればこんなことにならなかった(はず)なのに。

しまいには、(ちょっとした愚痴でしたが)、「(僕たちを)待ってるのって結構大変なのよね」とか言われてしまう始末。
だったら、最初からバスで行かせてくれよ、と思ったのでした。

まぁ、愚痴だけでは終わらさず、とりあえずMには今使っているチャイルドシートが小さくなってきているのは、少し気になっていたので、僕の家族との車での旅行も控えているので、新しくMの身体のサイズに合ったものを購入し、同じ轍をなるべく踏まないように対応を取りました。

それに、普段、ツレ両親宅にいると、ツレ母の機嫌にかなり影響されるのですが、基本的に機嫌が良かったのは良かったです。
そういえば、嘔吐処理をしていたら「慣れたものね」と言われたのはちょっと引きましたが。
嘔吐自体はそりゃ慣れてますが(Sはたらふく食べたあげく、走り回り嘔吐ということが度々あります)、「あなたがあんな運転しなきゃこんなことせずに済むのですが」と心の中でつぶやきました。
関連記事
スポンサーサイト
2014.08.27 Wed l 本日の子どもたち l top