M(1ヶ月)が大好きなS(2歳4ヶ月)。
朝起きてから、「Mちゃーん」と言ってMの頭や手を触り、保育園から帰ってきてからも手を洗わずに「Mちゃーん」と言って、Mの頭や手を触るS。


T(4歳)もMのことがそれなりに好きではあるようですが、Sほどではありません。


で、そんなにMのことが好きなSですが、「魔の2歳児」と一部で言われている(?)ように、例外ではなく、Sも「魔の2歳児」ぶりを遺憾なく発揮しています。
たとえば、
・ご飯をみんなが食べ始めているのに、呼んでも来ないで遊んでいる。
・デザートを食べないとご飯を食べない。
・歯磨きから逃げる。拒否する。
・オムツを替えさせてくれない(大も小も)。
等々。


が、ここにきて、Mのことがそんなに好きならば、ということで、「Mちゃんが見てるよー。」と言って、Mを連れてくると、僕らの言うことを聞いてくれるようになりました。
歯磨きなどは口を開けてもくれないこともあったのですが、Mを連れてくると、手もだらりとさせて、超無防備な状態で口を開いてくれます。
今までの苦労はなんだったんだろうか…、と思うくらいです。


IMG_3430a.jpg
↑S「Mちゃーん」


そんなSへの必殺技ですが、一つ弱点が。
それは、Mが起きてないと使えないこと。
Mが運良く起きていれば良いのですが、寝ていると使えません。
起きていても泣いていては使えないので、少々難ありですが、今までのSの「魔の2歳児」ぶりへの対処としてはすごく有効です。
関連記事
スポンサーサイト
2011.08.09 Tue l 本日の子どもたち l top