家事の中で苦手なもの、それが【掃除】です。
風呂掃除もトイレ掃除も台所掃除も軽くはやりますが、あくまでも普段は【最低限】に納め、【さすがにこれはやらないとまずいだろう】というところになるまでなかなか身体が動きません。

ということで、前々から気になってはいたけれど、踏ん切りが付かず、そうしたらどんどんひどい情況になってしまっていた箇所があります。
それがコンロです。

で、渋々「あー、やるしかないよなぁ」と思いながらコンロの掃除を始めたのですが、ここですごく気が楽になった発見がありました!

20140920.jpg


ここまで外せるのを知りませんでした(カバーを外しても、内部に入り込んだ汚れが目立ちますが…)。
コンロのガス口周りは外せるのを知っていましたが、全体を外せるのを知らず、いつも捨てても良いぞうきんを用意して、洗っては拭き、洗っては拭き(けれども納得のいくきれいさにはならず)というのを繰り返していました。

けれど、全体が外せたので、ぞうきんで拭くことも必要なく、全体をごしごしと洗うことが出来、かなりすっきりしました。

2014092001.jpg


写真で改めて見るとまだ油っぽさが残ってますが、洗い場に入りきらない大きさなので、まぁこのくらいかなと思います。
今までやる気が起きなかった大きな理由がこの【全体の部分を洗うのが面倒】ということだったので、すごく気が楽になりました。
これからはもっと頻繁に掃除出来そうです。
関連記事
スポンサーサイト
2014.09.22 Mon l DIYなど l top