3歳児健診で視力が低いということが判明し、大学病院で調べたら遠視&乱視で0.4しか視力がないことが分かったムスメM(3歳)。
早速9月からメガネをかけています
で、メガネをかけ始めてから1ヶ月、ということで、大学病院での検診がありました。

予約時間を1時間待っても呼ばれないので遊んでいるM。
この病院は毎回思うのですが、予約している意味があるのでしょうか…。
IMG_4073.jpg


さて、予約時間から1時間過ぎ、やっと呼ばれて、視力の検査。
次男S(5歳)も3歳児健診で弱視と判明し、その後同じようにこの大学病院で詳しく検査し、メガネをかけることになりましたが、そのとき同様、3歳3ヶ月の子には検査を集中してやるのはなかなか難しいようです。

今回も最初は割とうまく行っていましたが、途中から(たぶん見えないからイヤになったということもあるかと思いますが)検査が出来る状態ではなくなりました。

検査技師の方(女性)も悪気はないのでしょうが、「散歩でもしてきますか?」と。
僕は1時間も待たされて、最初はうまくやっていたので、これ以上やっても意味がないと判断し、即座に「散歩してもこうなると思うので良いです」と断りました。

その後、再度しばらく(何分かは分かりませんが)待って、診察でした。
前回(この病院では初診)はツレが付き添っており、女性の医師だったと聞いていましたが、今回は男性の30代半ばくらいの医師でした。
(ちなみに隣にはSの担当医がいて、僕はその医師が苦手だったので呼ばれるまで「もしや、またこの人か!?」とどんよりした気持ちでしたが、違って安心しました。)

優しそうな医師で、検査がうまくいかなかったことも特に何も言われませんでした。
「メガネをつけて1ヶ月ですし、これからの様子を見ましょう。」
「まだ3歳ですものね。」
と丁寧で物腰も低く柔らかい感じでとても好印象でした。

その後、こういう時の検査時の「おやくそく」になっている、スタバのキッズココアを頼んでバス停に行ったら、目の前で行ってしまい、25分待ち…。
まぁ、仕方がない、とあきらめ、僕もスタバでコーヒーを買い、お菓子を2人で食べて(ついでにMはトイレもして)、ゆっくり帰ってきました。

予約時間は1時半(いつもなら昼寝真っ最中)で、1時間も待たされたので、次回は2時半(この病院は小児眼科は午後からしかありません)に予約を取りました。
次回はもう一時間昼寝を出来るということになるので、うまく検査が出来ると良いなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2014.10.09 Thu l 本日の子どもたち l top