先日、次男S(5歳)が通う保育園のクラス懇親会がありました。
一応、プチハロウィーンパーティということで、仮装したりしてきていましたが、なぜ懇親会があったかというと、今月末で3名転園するからです。

年長になり、去年、一昨年と転園者がいなかったので、もう転園とかいう話はないかと思っていたら、逆に「小学校に上がる前」ということで、先月に続いての転園者になります。
3名ですが、双子がいるので、2家族がそれぞれ引っ越していきます。

子どもたちはそんなことはお構いなしで、集まるとまるで動物園のようにはしゃいでいました。
我が家は100円ショップで適当に買ってきたものと、ツレが「ハロウィーンっぽいから」と言って買ってきたオレンジのTシャツというかなり適当な感じで行きました。
2014_10_26.jpg


女の子たちは、それぞれ「それどこで買ったの?」というようなドレスを着ていて、おしゃれをしていました。
児童館だから暴れ回っても平気でしたが、子どもたちのエネルギーは本当にすごいものがありました。

幹事さんたちがいろいろと用意して下さっていて、子どもたちも楽しめたようで、その後、みんなでイタリアンレストランへ。
食事をしない人、食事から参加の人もいましたが、ここで、3人に送別のプレゼントを渡し、予定通り13時に終了しました。
体力のある子たちはそのまま近所の公園で遊んでいたようですが、我が家はムスメM(3歳)もいたので、そのまま帰らせてもらいました。
こういう「予定通りに行われ、予定外のことは自由」というのが保育園関連のイベントの良さだなぁ、といつも思います(運動会然り、クラス懇親会然り)。

自分のことを書くと、子どもが主役の会なので行きましたが、4年近く顔を合わせているにも関わらず【大人数】ということで、帰ってからどっと疲れが出て来ました。
予想通りではありますが、この【大人数に弱い】ということを克服すべきものなのか、それともまぁそれでも良いかということで放っておくべきか、ちょっと悩ましいものです。
関連記事
スポンサーサイト
2014.10.30 Thu l 本日の子どもたち l top