先週願書を出した国立小学校の1次検定(抽選)が先日ありました。

これまでの経緯
小学校受験のための願書を取りに行く
小学校へ願書提出
小学校受験1次選考の結果~1校目~
小学校受験の願書を取りに行く~2校目~
小学校へ願書提出~2校目~

最初に受験した小学校同様、こちらの小学校も一次選考(検定)は【抽選】になっています。
前回の学校では、僕も場の雰囲気も分からず焦ることのないようにスーツで行きましたが、スーツは回避し、UNITED ARROWSのダッフルコートを羽織って(もちろん下は相変わらずユニクロのジーンズ)行きました。

受験票を持って、いざ抽選会場(講堂)へ。
IMG_4315.jpg


お前は学生か、っていう感じの服装なのはやはり僕だけで、男性はスーツ、女性も黒or濃紺のスーツの方ばかりでしたが、何度も言うようですが、【抽選】なので、気にせず座席へ。
今回は座る席がA・B・Cに分けられました。
このA・B・Cというのは受験する子どもの生まれつきによるもので、Aは4~7月、Bは8~11月、Cは12~3月生まれです。
抽選は午前と午後行われ、午前中男児、午後女児だったので、僕は午前中に行きました。

さて、予定時刻になり、校長の挨拶があったあと、抽選方法の説明がありました。
今回の受験者数は、Aが362人(欠番があったため、受験番号は363まで)、Bが370人、Cが335人でした。
そして、受験者数が多いため抽選ということで、A・B・Cから各70人が抽選で選ばれるとのことでした。

抽選方法は、前回の小学校では、下2桁で当選か否かを決めましたが、今回の学校では受験者数の一番多いBに合わせ1~370番までの370個の玉で抽選をしました。
もし、そのグループにいない番号が当たった場合は、70個引いたあとに該当者のいない分だけ引くというものでした。

さて、抽選ですが、抽選が始まる前の【よくかき混ぜます】という行為があまりにも多く、笑いをこらえるのが難しくなってしまったので(みんな真剣にやってるけど、どんだけ混ぜるんだよと突っ込み入れたくなってしまい)、そして、抽選が始まるまでも時間がかかったので、持ち込んでいた雑誌(母の友)を読んでいました。

抽選が始まってからも、前回は46回で終わりましたが、今回は70回(最終的には該当者がいない番号もあったので、74回)も抽選があり、結構時間がかかりました。
抽選の時間が長かったのもそうですが、前回は100分の46の確率でしたが、今回は335分の70と当たる確率も低いので、「きっと当たらないだろう」と思って読書していました。

と、雑誌に載ってたポテトサラダを見て、「今夜はポテトサラダにしよう♪」と夕食の献立が決まってちょっと嬉しい気持ちで前方のスクリーンを見たら、数回前の当選番号に次男S(5歳)の受験番号がうつっていました。

ということで、当たっていたので、その後も抽選が終わるまで読書していました。

さて、抽選で当選したので、ここからが未知の領域なのですが、これからの時間が結構長かったです。
まず、抽選会場に入れなかったり、後から確認する人もいるので、集合時間になるまで30分以上待機でした。
そこから、2次検定に進むための説明があり、抽選で出た数字の番号順に座り、ようやく書類作成でした。

で、この書類作成が僕には鬼門でした。
募集要項には通っている幼稚園・保育園とそこでの保育年数&印鑑を用意するということしか書かれていなかったのですが、保護者に対していきなり課題が。
(課題以外の項目は、①住所 ②氏名 ③生年月日 ④保護者氏名 ⑤同居家族氏名&年齢(書きたいと思えば職業なども)でした)
その課題とは

「本校は公立学校等と異なる点が3つあります。
その1つを選び、マイナス点を保護者の視点から考えを述べて下さい。(800字以内)」

というものでした。

「公立学校と異なる点、3つって何?」と内心かなりパニックになり、一つ席を挟んで座っていた保護者(女性)が学校案内を持っていたので、「貸して下さい」とでも言おうかなと真剣に悩みました。
で、とりあえず募集要項の最初のページをめくってみたら、書いてありました!
ということで、そこからとっさに考えたことを書いたら、すぐに終わってしまいました。
「これ、完全に800字もないよな」と思って数えてみたら、500字くらいでした…。
が、もう空欄ないし、まぁ、一通り考えは書いたし、良いか、ということで、周りを見たら、まだ誰も提出してない。。。

どうしようか。
やっぱり書き直そうか(ペンはフリクションだったので、書き直そうと思えば出来たので)、と思っていたら、前に座っている事務の女性が「来ても良いわよ」みたいな感じだったので、そのまま提出しました。

「ここどっちかに○して下さいね」と性別の欄をの書き忘れと、「保育年数もお願いします」と保育年数の書き忘れを指摘されましたが、まだ一番目だったこともあり、温かく対応してくれました(くれたと勝手に思ってます)。
で、そのときに手渡された2次検定に必要な書類がこちらです↓
IMG_4317.jpg


内容は、
①2次検定受検票
②受検料払込証明書
③顔写真貼付用紙
④受検料振り込み用紙(既に払ってしまったので、写真にはのっていません)

そのほかに2次検定までに用意するものとして、
⑤住民票
がありました。

④受検料は1次検定は1100円でしたが、2次検定は2200円で、手数料含め2330円でした。
振り込み後に渡される紙を②受検料払込証明書に添付します。
また、③に必要な顔写真のサイズが6cm×8cmと、証明写真のサイズではないので、僕が撮ってコンビニで印刷し、切り取って貼り付けました。
⑤の住民票に関しては、住んでいるところのすぐ近くに地域センターがあり、発行してくれるので簡単に入手できました。
また、2次検定当日は⑥無記名の運動靴も必要ですが、こちらは普段使っている上履きは名前が書いてあるので、ツレ母に買ってもらっていた新しい靴を持って行くことにしました。

Aグループの人は、この1次検定(抽選)の翌日に2次検定のため、用意するのが慌ただしくなりますが、SはCグループで1次検定から3日後だったので、時間的余裕もあり助かりました。
関連記事
スポンサーサイト
2014.12.12 Fri l 小学校受験 l top