上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の出来事になりますが、次男S(5歳)の国立小学校受検が1次を通ったので、2次検定がありました。

これまでの経緯
小学校受験のための願書を取りに行く
小学校へ願書提出
小学校受験1次選考の結果~1校目~
小学校受験の願書を取りに行く~2校目~
小学校へ願書提出~2校目~
小学校受験1次選考の結果~2校目~

今までは抽選や願書の提出などの事務作業だったので僕が行っていましたが、ツレの母校ということと、2次検定は保護者の面接(保護者1人)があり、僕よりツレの方が得意なので行ってもらいました。
なので、今回の記事はツレ&Sからの伝聞ですのでご了承下さい。

8時20分までに受付し、8時半から開始とのことで、受付後にSとはすぐに別れたそうです。
日程が3日(A・B・Cグループ)、午前(男児)と午後(女児)に別れているので、SのCグループ男児は70人弱の受検です。

子どもたちは集められ、保護者はその間に面接。
70人弱を4箇所同時で面接し、ツレは4番目とのこと。
「早めで良かった」ということでしたが(遅い人は16番目とかなので)、結構緊張したようです。

具体的に聞かれたのは、
・本校のデメリットは何だと思いますか?
・子どもを我慢させるためにどのようにしていますか?
というものだったようです。

ツレは「ああ言えば良かったかも」といろいろ言っていましたが、僕が思うに、買い物とかに子どもたちを連れて行くのは僕なので、「我慢させる」ような状況にツレはあまり遭遇しないので、うまく答えられなかったのではないかと思っています。
買い物とかの日常の場面や、動物園などでの「あれ買って-!これ買ってー!」につきあわされているのは僕なので、こういう時、イクメン(=ツレ)にはちとつらいと思います。

ツレが面接をしているとき、Sは何をしていたのかを聞いてみたのですが、分かったのは、
・工作で本を作った
・ヒモを結ぶのをやったけど出来なかった
とのことでした。
2時間くらいあったので、もっといろいろやったのでしょうが、Sは覚えていないようでした。
でも、「最初ちょっと緊張した」というくらいで、その後はSの天性の人なつこさ、場の慣れ方で最終的には「楽しかったよ」ということでした。

お昼前には保育園に戻ることが出来、Sは給食に間に合い、ツレは午前中の半休だったので出勤していきました。
さて、すぐに結果の出る二次検定の結果はというと。。。
関連記事
スポンサーサイト
2014.12.18 Thu l 小学校受験 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。