ついにこの時がやってきてしまいました。
長男T(8歳)がゲーム機のニンテンドー3DSを買いました。
買ったのはこれ↓


New ニンテンドー3DS LL メタリックブルー


お年玉の季節なので、それを全部つぎ込んだのか、と思うかも知れませんが、一応我が家の方針としては、高額紙幣(千円札以上)はそのまま銀行に預けるので、お小遣いなどを地道に貯めた結果買える金額に到達しました。
どうやってDSを買えるような(2万円くらい)お金を貯めたのかというと、①毎月のお小遣いと、②読書&感想文による報酬です。
②読書&感想文による報酬、というのが意味が分からないかも知れませんが、以前書いたように(読書でお小遣い制度始めました。)、読書をして感想を書いたりプレゼンしたら、1頁=1円をあげるというものです。

大体1冊80頁くらいの本をTは読んでいるのですが、沢山読んだので、それがかなりの金額になりました。
あとは、この年末年始で、「DSまであと少し」ということを知った祖父母からの「援助」(致し方なく僕は見なかったことに)で目標金額に達しました。

ネットの方が少し安いようでしたが、大きな買い物だし、半年くらいコツコツと貯めたものなので、先日家族で家電量販店に行き、Tのお財布からお金を出して買いました(税金分はポイントから出してあげましたが)。
そして、早速家に帰ってゲーム!

と、普通なら「ソフトは?」と思うかも知れませんが、Tは用意周到というか、クリスマスプレゼントにサンタさんからDSのソフトをもらっていたので(ということはサンタさんからもらった時点ではDS本体がないのでゲームは出来なかったわけですが)、家に帰ってゲームをし始めたというわけです。
ちなみに、Tがサンタさんに頼んでいたソフトはこれです↓


ポケットモンスター オメガルビー


こうしてDSを無事に手に入れたという話を僕の兄(パラサイトシングル)にしたら、「じゃあ、DS持ってるから僕もポケモン買おうかな」と言っていました。
子どもたちにとっては、すっかりゲームおじさんに兄がなっていますが、本人もちょっと嬉しいようです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.01.05 Mon l 本日の子どもたち l top