ツレに「なんで鬼怒川行ったの書かないの?あれも小確幸なんじゃないの?」と言われたので年末の事ですが書いてみます。
実際は年末年始ドタバタしていて(今も伯父の件でドタバタしています…)、書く機会を逸していました。

年末のことですが、30日に高校の同級生2人と一緒に鬼怒川に行きました。
高校2、3年生(僕の通っていた高校は2、3年は担任も生徒も持ち上がりで変わりませんでした)の時の同級生で、大学の系列校だったので、大学も同じですが、学部がみんな違うので、あくまでも高校の同級生という感じです。

大学に進学してからもちょくちょく飲んでいましたが、大学卒業後に毎年12月30日になると飲むようになりました。
就職してすぐに1人は大阪に、もう1人も3年目くらいの時に京都に赴任になったので、2人が帰ってくるゴールデンウィークと、年末に会っていました。
最初の数年はゴールデンウィークも会っていましたが、そのうちに年末の12月30日に会って飲むというのが定着しました。
一昨年の12月30日にいつものように飲んでいると、1人が「来年は1泊でもしようよ。鬼怒川とか」と言っていて、僕はそんなことはまるで忘れていましたが、本当に行きたかったようで、宿を予約してくれていました。

大吊橋を渡る2人
IMG_3799.jpg


ということで、大学の卒業旅行(?)で3人で車で四国一周をして来たとき以来、初めて3人でのプチ旅行となりました。
北千住駅で待ち合わせして、スペーシアに乗って鬼怒川温泉駅に行き、ちょっと遅い昼食を取り、ホテルにチェックイン。
特にやることもないので、東武ワールドスクウェアに行ったら、夕方だったので、イルミネーションの時間で、入場料も安く、お得な感じでした。

ホテルに帰ってきて、(東武ワールドスクウェアは屋外施設なので)冷えきった身体を温泉で温め、卓球をして、(僕にしては)遅い夕食。
部屋に帰ってきてからトランプをして、就寝。
次の日、早朝にまた温泉に入って、朝食を取り、ビリヤードをして、帰りの電車のチケットを買い、時間があったので鬼怒楯岩大吊橋まで足を伸ばし、早めの電車で帰ってきました。

特に近況も深く掘り下げるわけでもなく(1人が2年前に車を売却していたのも帰りの電車で知りました)、かといって下ネタに走るわけでもなく、「高校生かよ!」と突っ込まれるような感じですが、年に1度のリフレッシュになりました。
「家族を置いて年末に1泊旅行!?」と驚かれることが多いですが、これまでのようにお店で飲んで、ビリヤードして、飲み足りなければまたどこかで飲んで、というよりは、今回の方が酒量も少なく健康的でした。

友人と呼べるような人が限られている僕にとっては、この「年に一度の再会」は「小さな幸せ」なのかも知れないな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
2015.01.09 Fri l 小確幸 l top